×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




東海道本線(JR神戸線)01(大阪〜塚本)

東海道本線(JR京都線)16(大阪)から直通

東海道本線(JR神戸線)路線図→

JR西日本
『JR神戸線』
(東海道本線)
開業年 1874年(大阪〜神戸間)開業
路線距離
(営業キロ)
87.9km(大阪〜姫路駅間)
軌間 1067mm
駅数 38駅(大阪〜姫路)
複線区間 複々線:大阪〜西明石間
複線:西明石〜姫路間
電化区間 全線(直流1500V方式)
備考 『JR西日本』のアーバンネットワークの幹線で、
「大阪」から「神戸」、そして「姫路」を結ぶ路線で、
『東海道本線』と『山陽本線』に跨ります。

『阪急電鉄』『阪神電鉄』と並走しているので、
競合路線となっていますが、運賃こそ高いものの、
スピードでは最も早く、「大阪」「神戸」間は、
もっとも早く移動できます。

普通列車は、『琵琶湖線』『JR京都線』と一体化した運転系統で、
ほとんどが、両線にそのまま直通する運行になります。
山陰方面への特急列車が運転されている他、
『JR東西線』『片町線』『福知山線』への乗り入れ列車もあります。

JR京都線
(東海道本線)

「大阪」

名実とも関西地方の一大駅となっており、様々な列車が発着します。
駅構造 島式ホーム6面11線(高架駅)
乗り換え
JR西日本 JR東西線(北新地駅)に乗り換え→

阪急電鉄(梅田駅)に乗り換え→

地下鉄四つ橋線(西梅田駅)に乗り換え→
地下鉄谷町線(東梅田駅)に乗り換え→
所在地 大阪市北区梅田三丁目1-1
営業キロ 556.4km(東京起点)
備考
「大阪駅」とも「梅田駅」とも言われ、
名実ともに関西地方最大の駅になっており、
第1回の近畿の駅百選に選定されたほどの駅となります。

駅周辺は繁華街になっています。

この駅で『JR京都線』から『JR神戸線』へと運行名称が変わりますが、
実際は『東海道本線』のままです。
運行も直通しており、路線名称が変わった事は分かりません。


「大阪駅」を出発します。

旅客駅からは良く見えないが、
直交する形で、「梅田貨物駅」もあり、
貨物列車はそちら側を通ります。

大都市の中心地に貨物駅があると言うのは、
東京の方ではあまりない構造です。



「大阪駅」を出発。ゆるやかなカーブを描いていきます。

ここから先も、関西地方の“アーバンネットワーク”内にあるため、
複々線や、快速などの優等列車が走る区間は続きます。



ここから先、『東海道本線』は、『神戸線』と言われ、
『山陽本線』まで直通しているのですが、
路線名が変わったからと言って、
それで何か変わった事があるわけではありません。




大阪駅を頂点にU字を描く形になり、
淀川の川を鉄橋で渡ります。
隣に阪神高速11号池田線が並走しています。







鉄橋の上を走行していきます。



やがて「塚本駅」に到着します。

東海道本線(JR神戸線)02(塚本〜尼崎)
東海道本線(JR神戸線)02(塚本〜尼崎)

戻る
戻る